なぜ動物は眠るの?睡眠の役割はDNAのダメージ修復かー最新研究

私たち人間を含めて、動物は一体なぜ眠るのだろう?睡眠の役割について新たな仮説が登場した。英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に2019年3月に掲載されたD. Zada氏らの研究では、睡眠によって、損傷したDNAの…

さらに表示 なぜ動物は眠るの?睡眠の役割はDNAのダメージ修復かー最新研究

3Dプリンタで人工心臓の作成に成功、患者自身の細胞などを素材にー最新研究

3Dプリンタで「印刷」された様々な人工臓器が、個々の患者に合わせて提供される日もそう遠くないかもしれない。科学誌「アドバンスト・サイエンス」に2019年4月に掲載されたNadav Noor氏らの研究では、3Dプリンタによ…

さらに表示 3Dプリンタで人工心臓の作成に成功、患者自身の細胞などを素材にー最新研究

糞便移植治療で自閉症の症状が長期にわたり改善ー最新研究

健康な人のうんちを移植して腸内微生物相を変えることで、もしかすると様々な病気が治療できるようになるかもしれない。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に2019年4月に掲載されたDae-Wook Kang氏らの研究に…

さらに表示 糞便移植治療で自閉症の症状が長期にわたり改善ー最新研究

世界最深マリアナ海溝にすむ甲殻類、人間社会との意外な接点が判明ー最新研究

水深10,890メートル、世界で最も深いマリアナ海溝にすむ生物を調べた結果、驚くべき人間の影響が明らかになった。英科学誌「ロイヤルソサイエティ・オープンサイエンス」に2019年2月に掲載されたA. J. Jamieson…

さらに表示 世界最深マリアナ海溝にすむ甲殻類、人間社会との意外な接点が判明ー最新研究

マイクロプラスチックを海洋哺乳類の体内で発見、調査した全個体でー英最新研究

食物連鎖を通じて、私たちの体内に微小なプラスチック片が混入していたとしても驚くには当たらないかもしれない。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に2019年1月に掲載されたS. E. Nelms氏らの研究では、イギリ…

さらに表示 マイクロプラスチックを海洋哺乳類の体内で発見、調査した全個体でー英最新研究

痛みや不安・恐怖を感じない!?驚愕の女性の原因遺伝子を解明ー最新研究

痛みや不安・恐れを感じないという、世にも珍しいスコットランドのキャメロンさんは、自分が特別な存在であることについ最近まで気づかなかったようだ。英医学雑誌「British Journal of Anaesthesia」に2…

さらに表示 痛みや不安・恐怖を感じない!?驚愕の女性の原因遺伝子を解明ー最新研究

家や食品に広く混入するプラスチック可塑剤でヒトと犬の精子が劣化かー最新研究

男性不妊の一因は、もしかすると家の中や食品内に混入している化学汚染物質かもしれない。英科学誌ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に2019年3月に掲載されたRebecca N. Sumner氏らの研究では…

さらに表示 家や食品に広く混入するプラスチック可塑剤でヒトと犬の精子が劣化かー最新研究

世界初の遺伝子編集ベビーを誕生させた中国研究者、自ら語る【動画】

2018年11月に世界で初めて遺伝子編集した双子の赤ちゃんを誕生させたと発表して、メディアや科学者たちから強い批判を浴びている中国の賀建奎(フー・ジェンクイ)氏。 受精卵のゲノム編集は、倫理的な問題などから、中国を含む多…

さらに表示 世界初の遺伝子編集ベビーを誕生させた中国研究者、自ら語る【動画】

驚異の腸内フローラ、健康のためにあなたが知るべき5つの事実ーマイクロバイオームとは?

腸内細菌・腸内フローラなどとして知られる「マイクロバイオーム」は生物学研究において近年最も注目されているトピックの1つで、2007年に始まったヒトマイクロバイオームプロジェクト以降、様々な驚くべきことが明らかにされつつあ…

さらに表示 驚異の腸内フローラ、健康のためにあなたが知るべき5つの事実ーマイクロバイオームとは?

実験で蚊の絶滅に成功した遺伝子ドライブーその危険性、課題と安全対策

2018年に遺伝子ドライブは、実験室でマラリアを媒介する蚊を絶滅させることに成功した。さまざまな応用が期待される一方で、生物種全体を遺伝的に改変することに対する懸念も大きい。誤って実験室から野外に遺伝子ドライブが流出した…

さらに表示 実験で蚊の絶滅に成功した遺伝子ドライブーその危険性、課題と安全対策

体内で極小ナノロボットが活躍!動画で最新医療ナノテクノロジーの応用例を紹介

極小のナノロボットを体内に入れて病気の治療などを行う「ナノ医療」(ナノテクノロジーの医療への応用)が、近年注目を浴びています。当記事ではナノロボット・ナノマシンなどのさまざまな最新テクノロジーを動画でご紹介します。 アイ…

さらに表示 体内で極小ナノロボットが活躍!動画で最新医療ナノテクノロジーの応用例を紹介

のどや鼻にいる微生物群がインフルエンザ予防に役立つ?マイクロバイオーム最新研究

私たちの鼻やのどにいる微生物群は、ひょっとするとインフルエンザに対する免疫と関わっているのかもしれない。米科学誌「プロスワン」に2019年1月に掲載されたKyu Han Lee氏らの論文では、のどや鼻にいる微生物叢(マイ…

さらに表示 のどや鼻にいる微生物群がインフルエンザ予防に役立つ?マイクロバイオーム最新研究

スマホなどの電磁波が人体に及ぼしうる悪影響とその対策ー最新科学論文紹介

スマホなどの電磁波がヒトの健康に及ぼす生物学的な影響について、新しい研究成果を踏まえながら世界的に議論が行われています。例えば学術雑誌「Environmental Pollution」に2018年7月に発表されたBelp…

さらに表示 スマホなどの電磁波が人体に及ぼしうる悪影響とその対策ー最新科学論文紹介

2018年に話題になった生物学などの最新論文ニュースまとめ10選

Altmetric社が2018年に影響力の大きかった論文トップ100のランキングを発表しています。この100本の学術論文の中から、当サイトの管理人が独断と偏見で選んだ生物学などに関係する論文10本をご紹介します。出典論文…

さらに表示 2018年に話題になった生物学などの最新論文ニュースまとめ10選