健康・環境

テクノロジー・AI

遺伝子組み換え生物GMOとは?動画でわかりやすく解説!安全性や実用化例、メリット・デメリットなど

遺伝子組み換え作物や遺伝子組み換え食品については、現在でも賛成派と反対派で議論が続いています 安全性や実用化の例、メリット・デメリットなど遺伝子組み換え生物についてわかりやすくまとめた解説動画を見つけましたのでご紹介します。
テクノロジー・AI

人工知能AIで早産児の脳の発達度を評価、脳波を測定して自動分析ー最新研究

人工知能AIは様々な分野で応用が進んでいる。医療分野もその例外ではない。ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された研究によると、人工知能AIの機械学習を利用して、脳波から子供の脳の成熟度を自動的に分析・評価できるシステムが作られたという。医療現場における診断への実用化・応用が期待される。
健康・環境

抗生物質が効かない薬剤耐性菌とは?問題や原因・対策を動画でわかりやすく解説!

抗生物質・抗菌薬が効かない薬剤耐性菌は、近年私たち人間にとって脅威となっています。抗生物質が効かなければ、ちょっとした怪我やありふれた感染症でも死に至る危険があります。わかりやすいアニメーション動画で薬剤耐性(AMR)の問題や原因メカニズム・対策などをやさしく説明。
健康・環境

「悪い脂肪」は「良い脂肪」に変わる!?脂肪細胞についての新発見で肥満治療に期待

肥満改善やダイエット成功の鍵は脂肪の燃焼だ。英科学誌「ネイチャーコミュニケーションズ」に載った最新研究では、脂肪をためる「悪い脂肪」が脂肪を燃やす「良い脂肪」に変わるのを阻害する酵素が発見された。白色脂肪細胞の褐色化を防ぐこの酵素は肥満治療のターゲットとして期待できる。2種類の脂肪細胞の機能・役割や肥満についても解説。
健康・環境

「卵子の数は決まっている」との定説覆す新発見、卵巣の幹細胞で不妊治療の将来に光明かー最新研究

「生まれた時点で一生分の卵子の数は決まっている」との定説を覆しうる研究結果が発表された。ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」の論文によると、大人になってから作られた卵母細胞が、卵巣の働きや自然な妊娠に直接関連しているという。将来的には不妊治療技術が革新され、閉経を遅らせられる可能性もある。
健康・環境

自閉症の原因?母方祖母の妊娠中の喫煙が子供に影響かー最新研究

自閉症の原因に関連する可能性のある新たな知見が得られた。 ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に今年掲載された論文では、母方祖母の妊娠中の喫煙が、孫娘の自閉的特性(「社会的コミュニケーション」と「反復行動」)や自閉症と関連していることが明らかにされた。影響は母親が喫煙していない場合に特に顕著だった。
健康・環境

抗生物質の副作用ーマイクロバイオームへの悪影響で免疫力低下

マイクロバイオーム(microbiome, 腸内フローラ)とは?わかりやすいアニメーション動画で解説。抗生物質の過剰な使用を避けるべき新たな理由が見つかった。米科学誌「プロス・パソジェンズ」に載った研究によると、抗生物質の使用によりマイクロバイオーム(腸内細菌叢)が撹乱されると免疫力が低下することがわかった。
健康・環境

うつ病は脳の構造を変えるー大規模調査で判明、最新脳科学研究

史上最大規模の画像解析研究によって、うつ病が脳の構造を変化させることが明らかになった。ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に今週掲載された研究では、英国バイオバンクの大量の脳の画像データから、うつ病患者と健常者の間で脳の構造に違いがあることを発見した。
健康・環境

トマトに抗皮膚がん作用!リコピン効果?最新研究

トマトを長期にわたって食べていると、紫外線による日焼けが緩和されることはご存じだろうか? カロチノイド(色素)が皮膚に行きわたることで、紫外線のダメージから守ってくれるのではないかと考えられているが、その他のファイトケミカルが役立っている可能性もある。最新研究によるとトマトには皮膚がんを抑える効果もあるようだ。
テクノロジー・AI

脳で機械を直接操作するBMIで将来「心のプライバシー」が問題に?最新動画集

ブレインマシンインターフェース(BMI)など神経科学テクノロジーは急速に進歩している。スタンフォード大学の最新応用例など現状を動画で紹介。将来、他人の脳にアクセスして情報を収集したり操作できるという問題がでてきた。「心のプライバシー権」など、他人に勝手に心を読み取られないための法整備が必要だ。
人間行動・心理学

「学校の始業時間は早過ぎ」クロノタイプ(朝型/夜型)の最新研究

年齢や性別によるクロノタイプ(朝型/夜型など)の違いがアメリカの最新研究で調べられた。学術雑誌「PLOS ONE」に載った論文によると、夜型傾向のピークは18~19歳にあったため、学校の始業時刻を遅らせると、学生の睡眠と生理的リズムの調節に役立つかも知れないという。
人間行動・心理学

不規則な睡眠は学校の悪い成績と関連?最新の科学研究結果!

不規則な睡眠は学校での悪い成績と関連していることが、最新研究で明らかになった。概日リズム(体内時計)や光を浴びることの重要性が示唆された。
健康・環境

抗生物質耐性菌への画期的対策で緑膿菌や大腸菌の成長を阻害ー最新研究

抗生物質が効かない耐性病原菌の増加が近年懸念されている。サイエンティフィック・リポーツに掲載された最新研究では抗生物質に代わって細菌の成長を阻害する新たな手法として、遷移金属と有機酸(例えば「銅」+「酢」)の組み合わせによる相乗効果を発見した。大腸菌・サルモネラ菌・緑膿菌・コレラ菌など重要な病原菌で効果が見られた。
タイトルとURLをコピーしました