人間行動・心理学

テクノロジー・AI

2017年話題になった生物学の最新ニュース・論文まとめ10選

2017年に話題になった学術論文トップ100の中から、生物学関係の研究を10本ピックアップしてご紹介。原著論文は全てオンラインで無料閲覧できます。遺伝子編集crisprから人工臓器・がん・健康・人工知能AIや最新テクノロジーまで最近の科学ニュースを一挙にまとめました。理科好きな方必見、生命科学の世界の最新トピック。
人間行動・心理学

同性愛/異性愛に関わる遺伝子発見?男性の性的指向の最新ゲノム研究

「ゲイ遺伝子」のような性的指向(同性愛/異性愛/両性愛など)を決める遺伝子は存在するのだろうか? 英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された論文では、男性の性的指向に影響する可能性のある遺伝子領域が特定された。ゲイ・ホモセクシュアルは進化的になぜ存在するのか、その原因・LGBTの生物学にも触れる。
人間行動・心理学

女性が若く見える顔の特徴・共通点が判明!最新心理学研究

若く見られるにはどうしたらいいだろう?鍵は、あなたの眉毛や目や口かもしれない。心理学論文誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に掲載された研究では、顔のパーツが周囲から際立っていると若くみえることがわかった。さまざまな人種で、顔のコントラストが年齢を判断する手がかりになることがわかった。
人間行動・心理学

ヘビやクモが怖いのは生まれつき?赤ちゃんへの恐怖実験で原因を解明!ー最新心理学

ヘビやクモを怖がったり嫌がる人は多い。この恐怖心は生まれつきだろうか?それとも学習で身につけるのだろうか?心理学論文誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に載った研究では、赤ちゃんもヘビやクモを見るとストレスを感じることがわかった。クモ嫌い、ヘビ嫌いの理由・心理やアラクノフォビアの原因には進化的起源がありそうだ。
人間行動・心理学

幸せな音楽を聞くとクリエイティブになれる!?ー最新心理学

もしあなたが手軽に創造性を高めたいなら、ヴィヴァルディ作曲の「四季」を聞くといいかも知れない。 米科学誌「プロスワン」に今月掲載されたSimone M. Ritterらの研究では、幸せな音楽を聞くと拡散的思考の創造力が高まることがわかった。一方、収束的思考には変化が見られなかった。
人間行動・心理学

3人称で自分に話しかけるだけで感情を制御できるーセルフコントロール方法の最新心理学

最新心理学で、労力をかけずに簡単に自分をコントロールする方法が提案された。ストレスがかかった際など、自分自身に話しかける(内省する)時に「私」や「僕」の代わりに「自分の名前」を使うだけで、感情を制御できるようだ。「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載の論文では、脳科学に基づきセルフコントロール方法の効果が調べられた。
人間行動・心理学

「学校の始業時間は早過ぎ」クロノタイプ(朝型/夜型)の最新研究

年齢や性別によるクロノタイプ(朝型/夜型など)の違いがアメリカの最新研究で調べられた。学術雑誌「PLOS ONE」に載った論文によると、夜型傾向のピークは18~19歳にあったため、学校の始業時刻を遅らせると、学生の睡眠と生理的リズムの調節に役立つかも知れないという。
人間行動・心理学

子供と大人でゴッホの絵の見方が違う?予備知識と芸術鑑賞の科学

同じゴッホの絵でも、大人と子供では見方が違うことが、目の動きを追跡した最新の研究により明らかになった。絵を見る際には、子供よりも大人の方が、予備知識や意図・解釈に強く依存していることが示唆された。
人間行動・心理学

カップルが手をつなぐと呼吸や心拍数がシンクロ、痛みが軽減!最新科学研究

出産時に陣痛に苦しむ妻に対して、立ち会う夫ができることは、単純に手をつなぐことかもしれない。痛みにさらされている女性の手を共感的な男性パートナーが握ると、2人の呼吸と心拍数が同調して、痛みが緩和されることが最新の科学研究の結果わかった。カップルが手をつなぐことの重要性が示唆された。
人間行動・心理学

不規則な睡眠は学校の悪い成績と関連?最新の科学研究結果!

不規則な睡眠は学校での悪い成績と関連していることが、最新研究で明らかになった。概日リズム(体内時計)や光を浴びることの重要性が示唆された。
人間行動・心理学

女性は文字通りより比喩的な褒め言葉に弱い?言語進化起源の鍵、最新心理学研究!

ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表された研究によると、女性は、文字通りの褒め言葉より比喩的な褒め言葉をくれる男性をより魅力だと感じることがわかった。また、女性の容姿への褒め言葉の方が、所有物(家)への褒め言葉より魅力的だと評価された。さらに、褒め言葉の効果は本人が無意識のうちにも持続した。
人間行動・心理学

モナリザの微笑は喜び?悲しみ?名画の魅力の秘密、最新研究が分析!

世界的に有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ作の絵画「モナリザ」。モナリザの大きな魅力は謎めいた表情の曖昧さにあるが、微笑んでいる彼女ははたして喜んでいるのか、それとも悲しんでいるのか? 今回、フライブルク大学のEmanuela Liaci氏らの研究によって、基本的にモナリザは喜んでいると認識されることが明らかになった。
人間行動・心理学

オランウータンはヒトの声をマネできる事が判明!【動画】最新動物行動研究

人類の「言語を話す能力」の進化的起源は、オラウータンにまで遡れるかもしれない。ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された研究では、オラウータンが声帯を使ってヒトの声を真似できることがわかった。高い知能を持つオラウータンはさまざまな道具を使ったり、他個体の行動を模倣できる。鳴き声についての新発見
タイトルとURLをコピーしました