ヘビやクモが怖いのは生まれつき?赤ちゃんへの恐怖実験で原因を解明!ー最新心理学

ヘビやクモを怖がったり嫌がる人は多いが、なぜだろう?この恐怖心は生まれつきだろうか?それとも学習で身につけるのだろうか? 学術誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に先週掲載されたStefanie Hoehl氏らの研…

さらに表示 ヘビやクモが怖いのは生まれつき?赤ちゃんへの恐怖実験で原因を解明!ー最新心理学

幸せな音楽を聞くとクリエイティブになれる!?ー最新心理学

もしあなたが手軽に創造性を高めたいなら、ヴィヴァルディ作曲の「四季」を聞くといいかも知れない。 米科学誌「プロスワン」に今月掲載されたSimone M. Ritter氏らの研究では、幸せな音楽を聞くと創造性が高まることが…

さらに表示 幸せな音楽を聞くとクリエイティブになれる!?ー最新心理学

3人称で自分に話しかけるだけで感情を制御できるーセルフコントロール方法の最新心理学

簡単に自分をコントロールする方法が最新心理学で提案された。ストレスがかかった際など、自分自身に話しかける時に「私」や「僕」の代わりに「自分の名前」を使うだけで、感情を制御できるようだ。 ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフ…

さらに表示 3人称で自分に話しかけるだけで感情を制御できるーセルフコントロール方法の最新心理学

「学校の始業時間は早過ぎ」クロノタイプ(朝型/夜型)の最新研究

年齢や性別による睡眠パターン(朝型/夜型など)の違いがアメリカの最新研究で調べられた。夜型傾向のピークは18~19歳にあったため、学校の始業時間を遅らせると、学生の睡眠と生理的リズムの調節に役立つかも知れないという。 科…

さらに表示 「学校の始業時間は早過ぎ」クロノタイプ(朝型/夜型)の最新研究

子供と大人でゴッホの絵の見方が違う?予備知識と芸術鑑賞の科学

ゴッホ作「星月夜」 芸術作品の捉え方は人それぞれだが、年齢を重ねることでも変わってくるかもしれない。 科学雑誌「PLOS ONE」に先週掲載されたFrancesco Walker氏らの研究では、同じゴッホの絵でも、大人と…

さらに表示 子供と大人でゴッホの絵の見方が違う?予備知識と芸術鑑賞の科学

カップルが手をつなぐと呼吸や心拍数がシンクロ、痛みが軽減!最新科学研究

Pavel Goldsteinらの論文より 出産時に陣痛に苦しむ妻に対して、立ち会いの夫ができることは、単純に手をつなぐことかもしれない。 ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に今月掲載されたPavel …

さらに表示 カップルが手をつなぐと呼吸や心拍数がシンクロ、痛みが軽減!最新科学研究

不規則な睡眠は学校の悪い成績と関連?最新の科学研究結果!

不規則な睡眠パターンが学校での悪い成績と関連していることがわかった。 ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載されたハーバード大学医学大学院のAndrew J. K. Phillips氏らの研究では、大…

さらに表示 不規則な睡眠は学校の悪い成績と関連?最新の科学研究結果!

女性は文字通りより比喩的な褒め言葉に弱い?言語進化起源の鍵、最新心理学研究!

女性を口説くのは難しい。しかし、もしかすると本棚の奥で眠っている夏目漱石や芥川龍之介の小説が男性にとって役立つかもしれない。 ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表されたZhao Gao氏らの研究によ…

さらに表示 女性は文字通りより比喩的な褒め言葉に弱い?言語進化起源の鍵、最新心理学研究!

モナリザの微笑は喜び?悲しみ?名画の魅力の秘密、最新研究が分析!

世界的に有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ作の絵画「モナリザ」。「モナリザ」の大きな魅力と言えば、その表情の曖昧さだ。微笑んでいる彼女は喜んでいるのだろうか?それとも悲しんでいる? 今回、ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィ…

さらに表示 モナリザの微笑は喜び?悲しみ?名画の魅力の秘密、最新研究が分析!

オランウータンはヒトの声をマネできる事が判明!【動画】最新動物行動研究

ヒトの「言語を話す能力」の進化的起源は、オラウータンにまで遡れるかもしれない。 ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載されたダラム大学のAdriano R. Lameira氏らの研究では、オラウータン…

さらに表示 オランウータンはヒトの声をマネできる事が判明!【動画】最新動物行動研究