【動画】昆虫サイズの極小ロボットが単独飛行に成功、太陽光電源を搭載

羽の幅3.5cm、重さ約0.26gの昆虫サイズの極小ロボットが、電源コードなしの単独飛行に初めて成功したようです。ハーバード大学が発表したこのロボットはRoboBee X-wingと名付けられ、4枚羽を持ち太陽光電源を搭載しているとのこと。

スポンサーリンク

電源コードなし、単独での飛行に成功した極小ロボット

Insect-sized robot takes flight: RoboBee X-Wing

参考動画:nature video|今回発表されたRoboBee X-wingの概要

昆虫サイズの極小飛行ロボットのRoboBee。

これほど小さいサイズでは通常のバッテリーは重すぎて積めないため、代わりに超軽量の太陽電池(約0.01g×6個)を搭載したようです。ただし、通常の太陽光の2倍以上のエネルギーが必要とのこと。

今回の飛行時間は1秒も持続しなかったようですが、今後のさらなる改良が楽しみですね。

これまでに開発された他のRoboBee

水中に落ちても大丈夫なRoboBee

RoboBee: From Aerial to Aquatic

参考動画:ハーバード大学(2015年公開):飛ぶだけでなく、泳ぐこともできるRoboBee。従来のRoboBeeは羽が2枚のようです。

水中から脱出可能なRobobee

These ‘robo-bees’ can dive, swim, and jump

参考動画:Science(2017年公開)|水中で安定するためのスタビライザー付きRoboBee。電気分解により酸素と水素の混合気体を発生させ、点火装置で発火することで、水面から飛び出すこともできるようです。

改めて、今回発表されたRobobee X-Wing

The Untethered RoboBee

参考動画:ハーバード大学|RoboBee X-Wingの概要

従来のRoboBeeよりもアクチュエーターや伝達率を改良して、2枚羽から4枚羽に変更することで、太陽電池と電子パネルの搭載が可能になり、電源コードを外すことができたようですね。

管理人チャールズの感想

Robobeeは将来的には、環境調査や救助活動などへの応用が期待されているとのことです。さらなる進展がとても楽しみですが、一方で、軍事兵器や監視目的での利用など、やはり懸念事項もあるように思います。

どんな新技術にも光と影の両面がありますから、結局は私たちがその技術をどう使うかにかかっているのでしょうね。

参考資料:ハーバード大学のプレスリリース、Natureの論文

ナノロボットについては次の記事で取り上げています。

体内で極小ナノロボットが活躍!動画で最新医療ナノテクノロジーの応用例を紹介
極小のナノロボットを体内に入れて病気の治療等を行う「ナノ医療」(ナノテクノロジーの医療への応用)が近年注目されている。ナノロボット・ナノマシン等様々な最新技術を動画でご紹介。薬をがん細胞のみに届けることでがん治療の副作用を軽減したり、眼の手術を最小限に抑えたりできる他、ナノ分子を含む目薬で視力を矯正できる可能性もある。

生きた昆虫をサイボーグ化する試みもすでに行われています。

サイボーグ技術が現実に!機械と人間の融合ー最新テクノロジー動画集 
人間と機械が融合した「サイボーグ」は、もはやSF世界の話ではなく現実に進行中のテクノロジーです。ひと昔前には想像できなかったような最新技術の一端を動画でご紹介します。ハイテクな義手や義足、脳と体の直接接続、マイクロチップの体内への埋め込み、エクソスケルトン、人工臓器など最先端のトランスヒューマニズムの実例集。

コメント

タイトルとURLをコピーしました