「卵子の数は決まっている」との定説覆す新発見、卵巣の幹細胞で不妊治療に光明かー最新研究

「生まれた時点で一生分の卵子の数は決まっており、出生後は増えない」との定説がくつがえりそうだ。 ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に先月掲載されたNing Wang氏らの研究では、大人になってからも卵母…

さらに表示 「卵子の数は決まっている」との定説覆す新発見、卵巣の幹細胞で不妊治療に光明かー最新研究