芸術

テクノロジー・AI

人工知能AIにより誰でもバッハらしく作曲できるツール、Googleが無料で公開

人工知能は一体どれくらい人間の芸術に近づいただろう?あなたのメロディに合わせてAIが作った曲を聴けば、その判断が下せるかもしれない。2019年3月21日、Google Doodle「ヨハン・セバスチャン・バッハを称えて」では、自由に入力された旋律に対して、人工知能AIがバッハ風の和声を自動で追加する作曲ツールを提供。
人間行動・心理学

先住民族のボディペイントの謎、シマウマの縞模様と共通する生存上の意外なメリットとは?ー最新研究

アフリカなどの先住民族に見られるボディペイントには、一体どんな意味があるのだろう?英科学誌「Royal society Open Science」に2019年1月に掲載されたGábor Horváth氏らの研究によれば、先住民族のボディペイントには、シマウマのしま模様と同様に、吸血昆虫に対する虫除けの効果があるようだ。
人間行動・心理学

幸せな音楽を聞くとクリエイティブになれる!?ー最新心理学

もしあなたが手軽に創造性を高めたいなら、ヴィヴァルディ作曲の「四季」を聞くといいかも知れない。 米科学誌「プロスワン」に今月掲載されたSimone M. Ritterらの研究では、幸せな音楽を聞くと拡散的思考の創造力が高まることがわかった。一方、収束的思考には変化が見られなかった。
人間行動・心理学

子供と大人でゴッホの絵の見方が違う?予備知識と芸術鑑賞の科学

同じゴッホの絵でも、大人と子供では見方が違うことが、目の動きを追跡した最新の研究により明らかになった。絵を見る際には、子供よりも大人の方が、予備知識や意図・解釈に強く依存していることが示唆された。
人間行動・心理学

モナリザの微笑は喜び?悲しみ?名画の魅力の秘密、最新研究が分析!

世界的に有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ作の絵画「モナリザ」。モナリザの大きな魅力は謎めいた表情の曖昧さにあるが、微笑んでいる彼女ははたして喜んでいるのか、それとも悲しんでいるのか? 今回、フライブルク大学のEmanuela Liaci氏らの研究によって、基本的にモナリザは喜んでいると認識されることが明らかになった。
タイトルとURLをコピーしました