健康・環境

健康・環境

「学校の始業時間は早過ぎ」クロノタイプ(朝型/夜型)の最新研究

年齢や性別によるクロノタイプ(朝型/夜型など)の違いがアメリカの最新研究で調べられた。学術雑誌「PLOS ONE」に載った論文によると、夜型傾向のピークは18~19歳にあったため、学校の始業時刻を遅らせると、学生の睡眠と生理的リズムの調節に役立つかも知れないという。
健康・環境

不規則な睡眠は学校の悪い成績と関連?最新の科学研究結果!

不規則な睡眠は学校での悪い成績と関連していることが、最新研究で明らかになった。概日リズム(体内時計)や光を浴びることの重要性が示唆された。
健康・環境

抗生物質耐性菌への画期的対策で緑膿菌や大腸菌の成長を阻害ー最新研究

抗生物質が効かない耐性病原菌の増加が近年懸念されている。サイエンティフィック・リポーツに掲載された最新研究では抗生物質に代わって細菌の成長を阻害する新たな手法として、遷移金属と有機酸(例えば「銅」+「酢」)の組み合わせによる相乗効果を発見した。大腸菌・サルモネラ菌・緑膿菌・コレラ菌など重要な病原菌で効果が見られた。
タイトルとURLをコピーしました