ワクチンの安全性に懸念、30か国180名以上の医者や科学者らが欧州医薬品庁へ公開書簡

新型コロナウイルスのワクチンの安全性に懸念があるとして、25か国100名以上の医者や科学者からなる「Doctors for Covid Ethics」という団体が欧州医薬品庁へ2021年2月28日に公開書簡を提出したようです。

※追記:2021年5月15日時点で30か国180名以上の署名が見られます。

欧州医薬品庁はこの書簡が提出された時点ではファイザーモデルナアストラゼネカの3つの遺伝子ワクチンを緊急承認していたと思われますが(※その後ジョンソンエンドジョンソンのワクチンも緊急承認)、これらの遺伝子ワクチンの安全性に関する調査が不十分ではないかとの懸念が表明されているようです。

ドイツのヨハネス・グーテンベルク大学マインツで教授を務めていたというSucharit Bhakdi(スチャリット・バクディ)氏をはじめとして180名以上の署名が見られます。

Perspectives on the Pandemic | "Blood Clots and Beyond" | Episode 15

参考動画|Sucharit Bhakdi氏による公開書簡の解説(動画の別リンクはこちらこちら

2021年2月28日の公開書簡の全文は以下で閲覧できます。

Urgent Open Letter from Doctors and Scientists to the European Medicines Agency regarding COVID-19…
Emer Cooke, Executive Director, European Medicines Agency, Amsterdam, The Netherlands

この公開書簡に対する欧州医薬品庁からの返答(2021年3月23日)は以下で閲覧できます。

Reply from the European Medicines Agency to Doctors for Covid Ethics, March 23, 2021

この返答に対して、危険性を過小評価しているとの反論(2021年4月1日)は以下で閲覧できます。

Rebuttal letter to European Medicines Agency from Doctors for Covid Ethics, April 1, 2021
From Doctors for Covid Ethics

ワクチンの血管内皮細胞への取り込みと損傷、血栓や出血、血小板減少症、自己免疫疾患、脳静脈洞血栓症(CVST)、抗体依存性感染増強 (Antibody-dependent enhancement, ADE:抗体が感染や症状を逆に悪化させてしまう現象)、播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation, DIC)といった事象の可能性について懸念が示されているようです。

ワクチンの緊急的な推奨を直ちに停止しない場合は、ニュルンベルク綱領に違反する可能性があるとの警告がなされています。

※以下にワクチンの安全性に関連するニュース記事や論文などを挙げておきます

アストラゼネカ製のワクチンについては4月8日時点でEU当局がすでに血栓を稀な副反応として認めたようです。

「血栓症は副反応」EU当局が認定 アストラゼネカのコロナワクチン…多くは60歳以下の女性:東京新聞 TOKYO Web
【ロンドン=藤沢有哉、パリ=谷悠己】英製薬大手アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンを巡り、欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EM...

アストラゼネカのワクチン接種後に起きる静脈血栓症・血小板減少症(「ワクチン起因性免疫性血栓性血小板減少症」)について最初に報告した論文はこちら

Thrombotic Thrombocytopenia after ChAdOx1 nCov-19 Vaccination | NEJM
Original Article from The New England Journal of Medicine — Thrombotic Thrombocytopenia after ChAdOx1 nCov-19 Vaccination
Thrombosis and Thrombocytopenia after ChAdOx1 nCoV-19 Vaccination | NEJM
Original Article from The New England Journal of Medicine — Thrombosis and Thrombocytopenia after ChAdOx1 nCoV-19 Vaccination

アストラゼネカ社のワクチンについてはデンマークが完全に使用を停止したほか、各国で若年層への接種を控える動きが出ているようです。

デンマーク、英アストラゼネカ製ワクチンを完全に使用中止 血栓懸念で - BBCニュース
デンマーク政府は14日、英オックスフォード大学/アストラゼネカ製の新型ウイルスワクチンの使用を完全に中止すると発表した。まれに起きる血栓症を懸念したためで、欧州では初めての全面使用中止となった。
英アストラゼネカ製ワクチン、各国で広がる接種再考の動き(Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース
英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大学が開発した新型コロナワクチンについて、世界各国が使用を制限する動きに出ている。英国および欧州の規制当局が、このワクチンの接種と、非常に稀な血栓の発生に関
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

デンマークはジョンソンエンドジョンソン社のワクチンについても完全に使用を停止したようです。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ノルウェーでもジョンソンエンドジョンソン社のワクチンを除外する動きがあるようです。

ノルウェー政府諮問委、アストラとJ&Jのワクチン除外を勧告
ノルウェーの政府諮問委員会は10日、英アストラゼネカ製と米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチンについて、まれにだが深刻な不反応が出るリスクがあるとして、使用対象からの除外すべきとの見解を示した。

新型コロナウイルスでADE(抗体依存性感染増強)が生じるメカニズムが判明したようです。

An infectivity-enhancing site on the SARS-CoV-2 spike protein targeted by antibodies
Antibodies against the receptor-binding domain (RBD) of the SARS-CoV-2 spike protein prevent SARS-CoV-2 infection. However, the effects of antibodies …

日本語のプレスリリースはこちら

新型コロナウイルスの感染を増強する抗体を発見―COVID-19の重症化に関与する可能性― | 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

ADEのリスクとワクチンの安全性に関する考察は以下の論文でも行われているようです。

Two Different Antibody-Dependent Enhancement (ADE) Risks for SARS-CoV-2 Antibodies
COVID-19 (SARS-CoV-2) disease severity and stages varies from asymptomatic, mild flu-like symptoms, moderate, severe, critical, and chronic disease. COVID-19 di...

ADEのリスクとインフォームドコンセントについては以下で言及されています。

Informed consent disclosure to vaccine trial subjects of risk of COVID-19 vaccines worsening clinical disease - PubMed
The specific and significant COVID-19 risk of ADE should have been and should be prominently and independently disclosed to research subjects currently in vacci...

ワクチンの「有効率95%」に関する誤解やデータの信憑性に関する批判的な議論は以下の論文で展開されています。

Outcome Reporting Bias in COVID-19 mRNA Vaccine Clinical Trials
Relative risk reduction and absolute risk reduction measures in the evaluation of clinical trial data are poorly understood by health professionals and the publ...
Peter Doshi: Pfizer and Moderna’s “95% effective” vaccines—we need more details and the raw data - The BMJ
On 5 February 2021 we published a clarification to this piece. It is available here.  Five weeks ago, when I raised questions about the results of Pfizer’s and ...

スパイクタンパク質は血液脳関門を突破することがマウスの実験でわかっているようです。

The S1 protein of SARS-CoV-2 crosses the blood–brain barrier in mice - Nature Neuroscience
Rhea at al. show that intravenously injected, radiolabeled SARS-CoV-2 spike 1 protein crosses the mouse blood–brain barrier, likely through the mechanism of ads...

モデルナのワクチン接種後には、接種者の血漿内でスパイクタンパク質が検出されたとの報告が出ているようです。

Circulating SARS-CoV-2 Vaccine Antigen Detected in the Plasma of mRNA-1273 Vaccine Recipients
Abstract. SARS-CoV-2 proteins were measured in longitudinal plasma samples collected from 13 participants who received two doses of mRNA-1273 vaccine. 11 of 13

コロナウイルスのスパイクタンパク質自体が血管内皮細胞を損傷するメカニズムについては次の論文で報告されているようです。

SARS-CoV-2 Spike Protein Impairs Endothelial Function via Downregulation of ACE 2

新型コロナウイルスのRNAが逆転写されて細胞のDNAに組み込まれる可能性については次の論文で報告されているようです。

Reverse-transcribed SARS-CoV-2 RNA can integrate into the genome of cultured human cells and can be expressed in patient-derived tissues
An unresolved issue of SARS-CoV-2 disease is that patients often remain positive for viral RNA as detected by PCR many weeks after the initial infection in the ...

知名度の低い雑誌ですが、mRNAワクチン全般の潜在的なリスクについては次の論文でも考察されているようです。

Worse Than the Disease? Reviewing Some Possible Unintended Consequences of the mRNA Vaccines Against COVID-19 | International Journal of Vaccine Theory, Practice, and Research

日本におけるファイザーワクチン接種後の死亡事例について、女性で頭蓋内出血の比率が高いことが以下の論文で考察されているようです。

Potential adverse events in Japanese women who received tozinameran (BNT162b2, Pfizer-BioNTech)
Reports of cerebral venous sinus thrombosis and intracranial hemorrhage (ICH) following the administration of coronavirus vaccines have raised concerns regardin...

ノルウェー医薬品庁は、同国の介護施設でファイザーワクチンを接種した高齢者のうち最初の100名の死亡者についてワクチンが原因である可能性を分析した結果、10名を”likely”、26名を”possible”と評価したようです。

Covid-19: Pfizer-BioNTech vaccine is “likely” responsible for deaths of some elderly patients, Norwegian review finds
The Pfizer-BioNTech covid-19 vaccine is “likely” to have been responsible for at least 10 deaths of frail elderly people in nursing homes in Norway, an expert r...

ファイザーワクチン接種後の若い男性の心筋炎の症例について報告した論文が出ているようです。

Symptomatic Acute Myocarditis in Seven Adolescents Following Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccination

アストラゼネカのワクチンについて、EUは非常にまれな副反応として毛細血管漏出症候群が追加されたようです。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

J&Jのワクチン情報にギラン・バレー症候群の警告が追加されたようです。

米FDA J&Jワクチン情報に警告追加 ギラン・バレー症候群受け | NHKニュース
【NHK】FDA=アメリカ食品医薬品局は12日、製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチンを接種した人から…

コメント

タイトルとURLをコピーしました