イベルメクチンに効果なしと主張した論文に致命的欠陥、米国医師約170名が公開書簡で指摘

新型コロナウイルスへの治療薬候補として世界的に注目されているイベルメクチンですが、最近JAMA(米国医師会雑誌)で発表されイベルメクチンの効果に否定的な見解を示したEduardo López-Medina氏らの論文に致命的な欠陥があるとして、米国の医師約120名が公開書簡を発表しているようです。

※追記:2021年5月5日時点で171名の医師の署名が見られます

公開書簡の全文は以下のページで閲覧できます。

⇒ Open Letter by U.S. Doctors: JAMA Ivermectin Study Is Fatally Flawed

以下はイベルメクチンに関連するサイトです。

下のページにはこれまでのイベルメクチンの有効性に関する研究がまとめられています。

Ivermectin for COVID-19: real-time meta analysis of 63 studies
63 ivermectin COVID-19 controlled studies. Early treatment - 69% improvement, p < 0.0001. Prophylaxis - 86% improvement, p < 0.0001. All studies - 67% improveme...

日本では北里大学などが治験を行っているようです。

北里大学 大村智記念研究所 感染制御研究センター

イベルメクチンについての情報を積極的に発信しているFLCCC(Front Line COVID-19 Critical Care Alliance)のサイトはこちら(一部日本語もあり)

Home - FLCCC | Front Line COVID-19 Critical Care Alliance
The 'I-MASK+ Prophylaxis and Early Outpatient Treatment Protocol for COVID-19' and the 'MATH+ Hospital Treatment Protocol for COVID-19' are physiologic-based co...

イベルメクチンの有効性を主張する研究への疑義

一方、上述のサイト(https://ivmmeta.com/)については疑似科学であるといった批判もあるようです。

2021年8月にはイベルメクチンの有効性を主張していたプレプリント論文の一つに不正が見つかり、撤回されたようです。

Huge study supporting ivermectin as Covid treatment withdrawn over ethical concerns
The preprint endorsing ivermectin as a coronavirus therapy has been widely cited, but independent researchers find glaring discrepancies in the data

上記のデータ捏造を指摘した著者らが、その他のイベルメクチンの研究データの信頼性にも疑問を呈しており、メタ分析の方法について問題提起しているようです。

The lesson of ivermectin: meta-analyses based on summary data alone are inherently unreliable - Nature Medicine

コメント

タイトルとURLをコピーしました