感染症大流行「パンデミック」の歴史ー黒死病からコロナウイルスやインフルエンザまで

現在、新型コロナウイルスの世界的流行が懸念されています。本記事では、過去に発生した感染症大流行(パンデミックやエピデミックなど)の歴史について、最近の論文などを参考にしながら、わかりやすい解説動画とともに簡単に年表にまとめてみました。

※アイキャッチ画像:新型コロナウイルスSars-CoV-2のイラスト(パブリックドメイン)

パンデミックの歴史

How pandemics spread

参考動画|TED-Ed:パンデミックはどのようにして起こるのか?(日本語字幕あり

パンデミック(英語:pandemic)とは感染症の世界的流行を意味し、語源はギリシア語の「pan=全て」と「demos=人々」という単語にあるといわれているようです。

Wikipediaの記述によれば、病気(特に感染症)の流行は、その規模に応じて(1)エンデミック、(2)エピデミック、(3)パンデミックに分類され、このうち最も規模が大きいものがパンデミックである、とされています。

飛行機・空港といった交通網の発達などにより、今日パンデミックのリスクは高まっていると言えます。

中世以降に流行した主な感染症(20世紀までの一覧表)

※以下の2つの年表はPatel, V. et al, 2015[CC], Bloom DE et al, 2019[CC]などを参考に作成

*HIV/AIDS = human immunodeficiency virus(ヒト免疫不全ウイルス)/acquired immunodeficiency syndrome(エイズ、後天性免疫不全症候群)

ペスト

The past, present and future of the bubonic plague – Sharon N. DeWitte

参考動画|TED-Ed:ペストの歴史や今後についてのわかりやすい解説(日本語字幕あり

14世紀に世界人口の約1/5の命を奪ったとされるペストは現在でも存在しており、アウトブレイク・死亡事例が続いているようです(→21世紀以降のパンデミックの年表参照)。

天然痘

How we conquered the deadly smallpox virus – Simona Zompi

参考動画|TED-Ed:天然痘やジェンナーの種痘(ワクチン)についてのわかりやすい解説(日本語字幕あり

最近の研究では、天然痘のワクチンとして使われた種痘は牛痘ではなく、それとは別のワクチニアウイルス、または馬痘ウイルスである可能性も主張されているようです(CR Damaso,2018

天然痘は1980年に根絶宣言が行われましたが、最近、馬痘ウイルスワクチンの人工合成に成功したとの論文が公表され物議を醸すなど、生物兵器・バイオテロリズムや事故などによるパンデミックのリスクは依然として残っているようです。

関連記事 → エボラや天然痘も、ウイルス保管施設で爆発 ロシア当局「脅威なし」

コレラ

The Story of Cholera

参考動画|Global Health Media Project:コレラの感染防止策や初期対応についてのわかりやすいアニメーション動画

コレラは過去に何度もパンデミックが起きている他、近年も例えば、2010年のハイチ地震後に流行するなどしているようです。

インフルエンザ

インフルエンザの世界的な流行は過去に何度か起きており、20世紀にはスペインかぜ、アジアかぜ、香港かぜ、最近では2009年に豚インフルエンザが流行しました。

中でも、今から約100年前に流行したスペインかぜ(スペイン・インフルエンザ)は史上最悪・最大規模のインフルエンザパンデミックで、死者数は5千万人とも1億人とも言われているようです。

Spanish Flu: a warning from history

参考動画|ケンブリッジ大学:スペインかぜについてのドキュメンタリー

「スペインかぜ」という呼び名は、当時第1次世界大戦下で各国が検閲・情報隠蔽を行う中で、中立国であったスペインが最初に情報を発表したことに由来するようです。

このスペインかぜでは、幼児や高齢者よりもむしろ20歳から40歳の年齢層の死亡率が高いという例外的な特徴があった他、どのように感染が拡大して、なぜ症状が深刻化したのかなどについて現在も研究が継続されているようです。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)

How close are we to eradicating HIV? – Philip A. Chan

参考動画|TED-Ed:HIV撲滅への道のりについてのわかりやすい解説(日本語字幕あり

抗レトロウイルス薬(ARV、HIV治療薬)など近年の医学の進歩により、HIVの撲滅というゴールに以前よりもだいぶ近づいてきているようです。

関連記事

HIVの除去にマウスで成功ー抗ウイルス薬とゲノム編集を併用、完治治療へ向け一歩前進か【最新研究】
抗ウイルス薬を使う現在のHIV(ヒト免疫不全ウイルス)治療では、HIVは完治しないため、薬を一生飲み続ける必要があるようです。しかし今回、英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に載った研究では、抗ウイルス薬とゲノム編集技術を併用した治療によって、マウスからHIVの除去に成功。将来HIVを根治・治癒できる可能性

近年流行した主な感染症(21世紀以降の一覧表)

*SARS = severe acute respiratory syndrome(重症急性呼吸器症候群) MARS = Middle East respiratory syndrome(中東呼吸器症候群)

エボラ

What we know (and don't know) about Ebola – Alex Gendler

参考動画|TED-Ed:エボラについてのわかりやすい解説(日本語字幕あり

2019年12月にはrVSV-ZEBOV(Ervebo)というエボラに有効なワクチンがアメリカのFDAに承認されたようです。

ジカ・デング

Can mutant mosquitoes be used to fight Zika and dengue fever?

参考動画|PBS NewsHour:蚊が媒介するジカ・デングウイルスについては、遺伝子改変した蚊を放つことで蚊の個体群を制御しようとする試みも行われているようです。

関連記事

遺伝子ドライブとは?図や動画で原理・メカニズムをわかりやすく解説
遺伝子ドライブ(ジーンドライブ, gene drive)とは、通常のメンデル遺伝の50%の確率を越えて子孫に遺伝子が伝わるシステムのこと。遺伝子ドライブを応用すれば、例えばマラリアを媒介する蚊のような野外の生物個体群を人為的に改変できる可能性がある。遺伝子ドライブの原理・メカニズム・仕組みをわかりやすく簡単に解説。

コロナウイルス

Novel coronavirus (2019-nCoV)

参考動画|WHO:中国の武漢に端を発する今回の新型コロナウイルス感染症COVID-19や、その原因となる新型コロナウイルスSars-CoV-2の概要・対策などについてわかりやすく解説されています。

重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)などの病気を引き起こす原因ウイルスも、このコロナウイルスの仲間に分類されるようです。

個人でできる感染の予防対策としては、咳エチケット(マスク、ティッシュや袖で口や鼻を覆う)、水や石鹸・アルコールでの手洗いなどが挙げられています。

新型コロナウイルス感染症COVID-19の最新情報については、WHOのページ厚生労働省のページ政府の広報ページ「新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策」などをご覧ください。

以上、大雑把ではありましたが、感染症流行・パンデミックの歴史について管理人が調べた内容のご紹介でした。何かしらの参考になりましたら幸いです。

主要参考文献(Creative Commons):Patel, V., D. Chisholm., T. Dua, R. Laxminarayan, and M. E. Medina-Mora, editors. 2015. Mental, Neurological, and Substance Use Disorders. Disease Control Priorities, third edition, volume 4. Washington, DC: World Bank.
Bloom DE and Cadarette D (2019) Infectious Disease Threats in the Twenty-First Century: Strengthening the Global Response. Front. Immunol. 10:549. 

コメント

タイトルとURLをコピーしました