不妊

健康・環境

家や食品に広く混入するプラスチック可塑剤でヒトと犬の精子が劣化かー最新研究

男性不妊の一因は、もしかすると家の中や食品内に混入している化学汚染物質かもしれない。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載の論文によれば、フタル酸エステルの一種でプラスチックに添加される可塑剤DEHPと、毒性の強いPCB153が、ヒト男性と飼い犬の精子の運動性や遺伝子に同じように悪影響を及ぼすという。
テクノロジー・AI

体内で極小ナノロボットが活躍!動画で最新医療ナノテクノロジーの応用例を紹介

極小のナノロボットを体内に入れて病気の治療等を行う「ナノ医療」(ナノテクノロジーの医療への応用)が近年注目されている。ナノロボット・ナノマシン等様々な最新技術を動画でご紹介。薬をがん細胞のみに届けることでがん治療の副作用を軽減したり、眼の手術を最小限に抑えたりできる他、ナノ分子を含む目薬で視力を矯正できる可能性もある。
健康・環境

スマホなどの電磁波が人体に及ぼしうる悪影響とその対策ー最新科学論文紹介

スマホなどの電磁波がヒトの健康に及ぼす生物学的な影響については、いまだに議論が続いているようです。当記事では海外の最新の科学論文を中心として、電磁波の健康リスクに関する世界各国の医者や科学者たちの警告を紹介します。米国カリフォルニア州当局が発表した簡単にできる予防対策も紹介。根拠とした学術論文や新聞記事へのリンクも記載
テクノロジー・AI

2017年話題になった生物学の最新ニュース・論文まとめ10選

2017年に話題になった学術論文トップ100の中から、生物学関係の研究を10本ピックアップしてご紹介。原著論文は全てオンラインで無料閲覧できます。遺伝子編集crisprから人工臓器・がん・健康・人工知能AIや最新テクノロジーまで最近の科学ニュースを一挙にまとめました。理科好きな方必見、生命科学の世界の最新トピック。
健康・環境

「卵子の数は決まっている」との定説覆す新発見、卵巣の幹細胞で不妊治療の将来に光明かー最新研究

「生まれた時点で一生分の卵子の数は決まっている」との定説を覆しうる研究結果が発表された。ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」の論文によると、大人になってから作られた卵母細胞が、卵巣の働きや自然な妊娠に直接関連しているという。将来的には不妊治療技術が革新され、閉経を遅らせられる可能性もある。
タイトルとURLをコピーしました