心理学

人間行動・心理学

ヒトの顔は不完全な写真の方が魅力的に見えると判明ー最新心理学研究

女性が実際より美しく見えてしまう「夜目遠目笠の内」ということわざを実証するような研究が発表されました。学術誌「サイエンティフィック・リポーツ」の論文では、様々な顔写真を用いた実験から、他人の顔は情報が不完全な時の方が魅力的に見える可能性が判明。他人の顔の欠けている情報を補う際には、良い方向で妄想を働かせるようです。
人間行動・心理学

心理学の面白い研究論文まとめ

「ダーウィン・ジャーナル」では、ブログ形式でさまざまな最新研究論文や科学ニュースを簡単にわかりやすく紹介しています。この記事では心理学や人間の感情・行動などについての面白い研究をまとめました。研究のテーマは恋愛や性、顔の表情、感情など様々で、進化心理学の視点を含む論文もあります。心理学関係のおすすめの本も紹介。
テクノロジー・AI

2019年話題になった最新科学論文・ニュースまとめ10選

Altmetric社が2019年に世界的に話題になった論文トップ100のランキングを発表しています。その中から管理人が個人的に面白いと感じた研究論文を10本ご紹介します(出典論文リンク付き)。生物・生命科学系の話題を中心に、AIなどの科学技術や心理学研究を含め最近の自然科学・サイエンスニュースを簡単にまとめてご紹介。
人間行動・心理学

夫のストレスは妻の稼ぎが世帯収入の40%を超えると増加ー最新心理学研究

心理学雑誌「Personality and Social Psychology Bulletin」に掲載された論文によれば、アメリカの6000組以上のカップルを調べた結果、夫の心理的なストレスは妻の稼ぎが世帯収入の40%の時に最も少なくなり、40%を超えると増加することがわかったようです。「夫は妻よりも稼ぐべきだ」という社会規範
人間行動・心理学

絵文字をよく使う人ほどセックスの頻度が多い、独身者の調査で判明ー最新心理学研究

絵文字や顔文字は、もしかすると現代の恋愛において有効なツールなのかもしれません。 学術誌「プロスワン」に掲載された論文では、パートナーがいない成人を対象として調査した結果、絵文字や顔文字をよく使う人ほどセックスの頻度が高いことがわかったようです。スマホのメールやLINEなどで絵文字を使う男女の心理
人間行動・心理学

独り身の男は匂う!?82人の女性が男性の体臭をかぐ実験で判明、最新心理学研究

女性は男性の匂いによって、彼女がいるか、それとも独り身なのかを区別できるのかもしれない。心理学論文誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に掲載された論文では、女性が男性のTシャツの匂いを嗅ぐ実験により、独り身男性の方が、パートナーがいる男性よりも体臭が強いことが判明。異性の匂いによって遺伝子の相性などを判断する本能
テクノロジー・AI

あなたの顔に一瞬現れる「微表情」からAIが本音の感情を読み取る!?ー最新心理学研究

顔の「微表情」とは、無意識のうちに本音の感情がかすかに一瞬現れるもので、怒り、恐れ、嫌悪、驚き、喜び、悲しみなどの感情が読み取れるという。人工知能で微表情を自動分析する試みも注目されており、AIを搭載したカメラが顔認証であなたの感情や性的指向さえ監視する社会の到来も近いかもしれない。プライバシー侵害の危険性
人間行動・心理学

化粧の科学ー女性の顔の魅力を高める鍵はコントラストと対称性!?最新心理学研究

目の上側の化粧は顔の魅力を高めるのに、目の下側の化粧は顔の魅力をそこねるー最新の心理学研究で面白い結果が報告された。「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に掲載された研究では、化粧が顔の魅力にどのように影響するかが実験で調べられた。彼らが注目したのは、目や口などのコントラストの変化と、顔の対称性の変化だ。
人間行動・心理学

女性がハイヒールを履く生物学的理由が判明!腰の湾曲が性的魅力高めるー最新心理学

なぜ女性はハイヒールを履くのだろう?進化生物学的な観点から長年の謎が解明された。心理学学術誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に載った最新研究では、女性がハイヒールを履いた時に腰の湾曲(カーブ)の角度が45.5度に近づくと、男性からより魅力的と評価される事が判明。男性起源のハイヒールの歴史や歩き方のエピソードも。
人間行動・心理学

女性が若く見える顔の特徴・共通点が判明!最新心理学研究

若く見られるにはどうしたらいいだろう?鍵は、あなたの眉毛や目や口かもしれない。心理学論文誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に掲載された研究では、顔のパーツが周囲から際立っていると若くみえることがわかった。様々な人種で顔のコントラストが年齢を判断する手がかりになっており、若返りメイクの1つのヒントが示された。
人間行動・心理学

ヘビやクモが怖いのは生まれつき?赤ちゃんへの恐怖実験で原因を解明!ー最新心理学

ヘビやクモを怖がったり嫌がる人は多い。この恐怖心は生まれつきだろうか?それとも学習で身につけるのだろうか?心理学論文誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に載った研究では、赤ちゃんもヘビやクモを見るとストレスを感じることがわかった。クモ嫌い、ヘビ嫌いの理由・心理やアラクノフォビアの原因には進化的起源がありそうだ。
人間行動・心理学

幸せな音楽を聞くとクリエイティブになれる!?ー最新心理学

もしあなたが手軽に創造性を高めたいなら、ヴィヴァルディ作曲の「四季」を聞くといいかも知れない。 米科学誌「プロスワン」に今月掲載されたSimone M. Ritter氏らの研究では、幸せな音楽を聞くと拡散的思考の創造力が高まることがわかった。一方、収束的思考には変化が見られなかった。
人間行動・心理学

3人称で自分に話しかけるだけで感情を制御できるーセルフコントロール方法の最新心理学

最新心理学で、労力をかけずに簡単に自分をコントロールする方法が提案された。ストレスがかかった際など、自分自身に話しかける(内省する)時に「私」や「僕」の代わりに「自分の名前」を使うだけで、感情を制御できるようだ。「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載の論文では、脳科学に基づきセルフコントロール方法の効果が調べられた。
人間行動・心理学

子供と大人でゴッホの絵の見方が違う?予備知識と芸術鑑賞の科学

同じゴッホの絵でも、大人と子供では見方が違うことが、目の動きを追跡した最新の研究により明らかになった。絵を見る際には、子供よりも大人の方が、予備知識や意図・解釈に強く依存していることが示唆された。
タイトルとURLをコピーしました