人工知能AIにより誰でもバッハらしく作曲できるツール、Googleが無料で公開

人工知能は一体どれくらい人間の芸術に近づいたのだろう?あなたのメロディに合わせてAIが作った曲を聴けば、その判断が下せるかもしれない。2019年3月21日、Google Doodleは「ヨハン・セバスチャン・バッハを称えて」と題して自由に入力されたメロディに対して、人工知能AIがバッハ風の和声を自動的に追加する作曲ツールを提供している。

人工知能がバッハ風に作曲!?チューリップの旋律にAIがつけた和声をお聞き下さい。Google提供ツール

参考動画:「チューリップ」の旋律に人工知能がバッハ風の和声をつけた曲を聞くことができる

人工知能と芸術

あらゆる時代を通じて、バッハが最高の作曲家であると考えている人もいる。バッハの誕生日である3月21日に合わせて、Google Doodleはバッハ風の作曲を行う、機械学習を利用したAIツールを公開した。テクノロジーと芸術を結び付けることで、従来人間にはできなかった新たな創造が可能になるという。

Behind the Doodle: Celebrating Johann Sebastian Bach

参考動画  googledoodles:Google Doodle「ヨハン・セバスティアン・バッハを称えて」の制作背景ついて関係者が語っている。(英語のみ)

バッハの音楽は機械学習と相性が良い?

バッハの音楽は、優れたハーモニーと旋律をいかに書くべきかについてのルールを持っているため、音楽を習得するために機械が学習する上で、すばらしい教材だという。

機械学習では、データを収集して、そのすべてのデータの中で類似したパターンや構造を見つけ出す。そして、そのパターンを利用して、新しいものを創造する。

このツールの機械学習のデータとしては、306曲のバッハのコラールが用いられた。バッハのコラールは、常にソプラノ・アルト・テノール・バスの4声で書かれている。それぞれの声部が独立した旋律ラインを持ちながら、同時に豊かな和声進行を生み出している。また、曲が簡素な構成であることも、機械学習の訓練データとしてふさわしい点だったという。

Jesu, meine Freude, BWV 64, Chorale Cantata (Chorus)

バッハのコラールの参考音源:Jesu, meine Freude, BWV 64, Chorale Cantata (Chorus) | Various Artists – Topic

管理人チャールズの感想

実際に自分で音符を入力して、どんな曲が作られるのかを聞く体験を通して、AIや機械学習を身近に感じることができました。貴重なツールを公開してくれたGoogle社には深く感謝です。興味を持たれた方は、下のURLから、ご自身でこの作曲ツールを体験されてみることをおすすめします!

出典:Google Doodle 2019年3月21日「ヨハン・セバスティアン・バッハを称えて」

Celebrating Johann Sebastian Bach
Compose your own Bach-inspired tunes with the first ever AI-powered #GoogleDoodle! 🎼 #BachDoodle

 

関連記事

⇒ 幸せな音楽を聞くとクリエイティブになれる!?ー最新心理学

⇒ 人工知能AIが脳を解読して、心の中のイメージの画像化に成功

コメント

タイトルとURLをコピーしました