進化

遺伝子・進化・生態

一列に並んだ三葉虫の化石を発見、集団行動は4億8千万年前から存在か【最新研究】

化石の例としてよく知られる三葉虫が、集団行動をとっていた可能性が判明したようです。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された論文では、一列に並んだ三葉虫の化石を発見したことが報告されています。
人間行動・心理学

ヒトの頭蓋骨で「黄金比」を発見?【最新研究】

美しい比率といわれる「黄金比」は、植物の葉の配列など自然界で様々な例が見られるようです。 学術誌「Journal of Craniofacial Surgery」に掲載された論文では、人間の頭蓋骨でも黄金比のような関係が見つかったと発表されています。黄金比の歴史や数学、身の回りの具体例なども簡単にまとめてご紹介します。
遺伝子・進化・生態

奇妙な形態のカニの化石を発見、「カニとは何か」定義が揺らぐ?ー最新研究

様々な種の特徴をあわせ持つ、奇妙な形態のカニの化石が見つかった。「カニらしさ」とは一体何なのか、考え直す必要があるかもしれない。米科学誌「サイエンス・アドバンシーズ」に掲載された論文では、私たちが通常「カニ」として思い浮かべる典型的な形態とはかけ離れた、細長い体や大きな眼を持つカニの化石が報告されている。
テクノロジー・AI

賢いサルの誕生?脳に関わるヒトの遺伝子をサルに移植、倫理上の批判もー中国最新研究

中国の研究チームによる、ヒトの遺伝子をサルに移植した実験が倫理上の議論を巻き起こしている。科学誌「ナショナルサイエンス・レビュー」に掲載された研究では、ヒトの脳の発達に関わる遺伝子をサルに移植する実験を行った結果、遺伝子を導入したサルで脳の発達の遅れや、短期記憶の向上が見られたという。
遺伝子・進化・生態

シマウマが縞を持つ理由は?縞模様の服を馬に着せる実験で新たな証拠ー最新動物研究

なぜシマウマが縞模様なのかは、ダーウィンの時代から議論されてきた難問だ。今回、米科学誌「プロスワン」に掲載された研究では、馬に縞模様の服を着せる実験により、シマウマの縞模様は吸血性のアブからの攻撃を回避するのに役立っている事が示唆された。カモフラージュ、温度調節、捕食者の混乱など、しま模様の理由の様々な仮説も紹介。
遺伝子・進化・生態

ダーウィンフィンチで有名な適応放散、鳩の羽に付くシラミで実験的に確認ー進化生物学最新研究

ハトの羽に付くシラミの体色が、わずか4年間で様々な色に進化することが実験で鮮やかに示された。進化生物学論文誌「Evolution Letters」に掲載された論文では、ハトの羽繕い行動によって、ハトの羽に寄生するシラミの体色が羽の色に合わせて急速に進化すること(≒適応放散)が実験により示された。
人間行動・心理学

独り身の男は匂う!?82人の女性が男性の体臭をかぐ実験で判明、最新心理学研究

女性は男性の匂いによって、彼女がいるか、それとも独り身なのかを区別できるのかもしれない。心理学論文誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に掲載された論文では、女性が男性のTシャツの匂いを嗅ぐ実験により、独り身男性の方が、パートナーがいる男性よりも体臭が強いことが判明。異性の匂いによって遺伝子の相性などを判断する本能
遺伝子・進化・生態

卵からふ化直後に琥珀に閉じ込められた1億3千万年前の昆虫を発見!古生物学最新研究

太古の世界で卵からふ化した直後に琥珀内に閉じ込められてしまった、悲劇の昆虫が発見された。古生物学会誌「パレオントロジー」掲載された論文では、約1億3000万年前の昆虫の卵の殻とふ化直後の幼虫を含む琥珀が記載された。白亜紀前期のレバノンの琥珀で、中に閉じ込められていた幼虫はクサカゲロウ科Chrysopidaeの一種。
人間行動・心理学

女性がハイヒールを履く生物学的理由が判明!腰の湾曲が性的魅力高めるー最新心理学

なぜ女性はハイヒールを履くのだろう?進化生物学的な観点から長年の謎が解明された。心理学学術誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に載った最新研究では、女性がハイヒールを履いた時に腰の湾曲(カーブ)の角度が45.5度に近づくと、男性からより魅力的と評価される事が判明。男性起源のハイヒールの歴史や歩き方のエピソードも。
テクノロジー・AI

2017年話題になった生物学の最新ニュース・論文まとめ10選

2017年に話題になった学術論文トップ100の中から、生物学関係の研究を10本ピックアップしてご紹介。原著論文は全てオンラインで無料閲覧できます。遺伝子編集crisprから人工臓器・がん・健康・人工知能AIや最新テクノロジーまで最近の科学ニュースを一挙にまとめました。理科好きな方必見、生命科学の世界の最新トピック。
人間行動・心理学

同性愛/異性愛に関わる遺伝子発見?男性の性的指向の最新ゲノム研究

「ゲイ遺伝子」のような性的指向(同性愛/異性愛/両性愛など)を決める遺伝子は存在するのだろうか? 英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された論文では、男性の性的指向に影響する可能性のある遺伝子領域が特定された。ゲイ・ホモセクシュアルは進化的になぜ存在するのか、その原因・LGBTの生物学にも触れる。
人間行動・心理学

ヘビやクモが怖いのは生まれつき?赤ちゃんへの恐怖実験で原因を解明!ー最新心理学

ヘビやクモを怖がったり嫌がる人は多い。この恐怖心は生まれつきだろうか?それとも学習で身につけるのだろうか?心理学論文誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に載った研究では、赤ちゃんもヘビやクモを見るとストレスを感じることがわかった。クモ嫌い、ヘビ嫌いの理由・心理やアラクノフォビアの原因には進化的起源がありそうだ。
遺伝子・進化・生態

自種の鳴き声が聞こえないカエル、なぜ鳴く?最新動物行動研究

コガネガエルは自種の鳴き声が聞こえないのに、なぜ鳴くのだろう?ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載の研究によると、ブラジルに生息するコガネガエル2種では自種の鳴き声が聞こえないことがわかった。音声コミュニケーションはすでに退化しつつあり、視覚コミュニケーションにとって代わられた可能性があるという。
人間行動・心理学

女性は文字通りより比喩的な褒め言葉に弱い?言語進化起源の鍵、最新心理学研究!

ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表された研究によると、女性は、文字通りの褒め言葉より比喩的な褒め言葉をくれる男性をより魅力だと感じることがわかった。また、女性の容姿への褒め言葉の方が、所有物(家)への褒め言葉より魅力的だと評価された。さらに、褒め言葉の効果は本人が無意識のうちにも持続した。
タイトルとURLをコピーしました