独り身の男は匂う!?82人の女性が男性の体臭をかぐ実験で判明、最新心理学研究

女性は男性の匂いによって、彼女がいるか、それとも独り身なのかを区別できるのかもしれない。心理学論文誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に2019年2月に掲載されたMehmet K. Mahmut氏らの論文によれば、…

さらに表示 独り身の男は匂う!?82人の女性が男性の体臭をかぐ実験で判明、最新心理学研究

痛みや不安・恐怖を感じない!?驚愕の女性の原因遺伝子を解明ー最新研究

痛みや不安・恐れを感じないという、世にも珍しいスコットランドのキャメロンさんは、自分が特別な存在であることについ最近まで気づかなかったようだ。英医学雑誌「British Journal of Anaesthesia」に2…

さらに表示 痛みや不安・恐怖を感じない!?驚愕の女性の原因遺伝子を解明ー最新研究

人工知能AIが脳を解読して、心の中のイメージの画像化に成功

人工知能があなたの心に浮かぶ映像を実際に描くことは、すでに可能になりつつあるらしい。米科学誌「プロス・コンピュテーショナル・バイオロジー」に2019年1月に掲載されたGuohua Shen氏らの論文*によれば、AIが脳の…

さらに表示 人工知能AIが脳を解読して、心の中のイメージの画像化に成功

人間も顔負け?世界最小のマレーグマは仲間の顔の表情をマネできる事が判明ー最新研究

顔の表情を真似する事は、人間やゴリラだけの特権ではなかったようだ。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に2019年3月に掲載されたDerry Taylor氏らの研究によると、世界で最も小さいクマ「マレーグマ」は、仲…

さらに表示 人間も顔負け?世界最小のマレーグマは仲間の顔の表情をマネできる事が判明ー最新研究

人工知能AIにより誰でもバッハらしく作曲できるツール、Googleが無料で公開

人工知能は一体どれくらい人間の芸術に近づいたのだろう?あなたのメロディに合わせてAIが作った曲を聴けば、その判断が下せるかもしれない。2019年3月21日、Google Doodleは「ヨハン・セバスチャン・バッハを称え…

さらに表示 人工知能AIにより誰でもバッハらしく作曲できるツール、Googleが無料で公開

第6感?ヒトが地磁気を知覚できる証拠、脳波から発見ー最新研究

人間の新しい「第6感」を示唆する科学的証拠が見つかった。米科学誌「eNeuro」に2019年3月に掲載されたConnie X. Wang氏らの研究によれば、渡り鳥やミツバチなど多くの動物がナビゲーションに利用している地球…

さらに表示 第6感?ヒトが地磁気を知覚できる証拠、脳波から発見ー最新研究

家や食品に広く混入するプラスチック可塑剤でヒトと犬の精子が劣化かー最新研究

男性不妊の一因は、もしかすると家の中や食品内に混入している化学汚染物質かもしれない。英科学誌ネイチャーの姉妹誌「サイエンティフィック・リポーツ」に2019年3月に掲載されたRebecca N. Sumner氏らの研究では…

さらに表示 家や食品に広く混入するプラスチック可塑剤でヒトと犬の精子が劣化かー最新研究

世界初の遺伝子編集ベビーを誕生させた中国研究者、自ら語る【動画】

2018年11月に世界で初めて遺伝子編集した双子の赤ちゃんを誕生させたと発表して、メディアや科学者たちから強い批判を浴びている中国の賀建奎(フー・ジェンクイ)氏。 受精卵のゲノム編集は、倫理的な問題などから、中国を含む多…

さらに表示 世界初の遺伝子編集ベビーを誕生させた中国研究者、自ら語る【動画】

あなたの顔に一瞬現れる「微表情」からAIが本音の感情を読み取る!?ー最新心理学研究

顔の「微表情」とは、無意識のうちに本音の感情がかすかに一瞬現れるもので、怒りや喜び・悲しみなどの感情が読み取れるという。この微表情を人工知能で自動分析しようとする試みが、近年注目されている。セキュリティ分野や臨床診断、法…

さらに表示 あなたの顔に一瞬現れる「微表情」からAIが本音の感情を読み取る!?ー最新心理学研究

驚異の腸内フローラ、健康のためにあなたが知るべき5つの事実ーマイクロバイオームとは?

腸内細菌・腸内フローラなどとして知られる「マイクロバイオーム」は生物学研究において近年最も注目されているトピックの1つで、2007年に始まったヒトマイクロバイオームプロジェクト以降、様々な驚くべきことが明らかにされつつあ…

さらに表示 驚異の腸内フローラ、健康のためにあなたが知るべき5つの事実ーマイクロバイオームとは?

シマウマは何故しましま?先住民族のボディペイントと共通する生存上の意外なメリットとはー最新研究

アフリカなどの先住民族に見られるボディペイントには、一体どんな意味があるのだろう?英科学誌「Royal society Open Science」に2019年1月に掲載されたGábor Horváth氏らの研究によれば、…

さらに表示 シマウマは何故しましま?先住民族のボディペイントと共通する生存上の意外なメリットとはー最新研究

実験で蚊の絶滅に成功した遺伝子ドライブーその危険性、課題と安全対策

2018年に遺伝子ドライブは、実験室でマラリアを媒介する蚊を絶滅させることに成功した。さまざまな応用が期待される一方で、生物種全体を遺伝的に改変することに対する懸念も大きい。誤って実験室から野外に遺伝子ドライブが流出した…

さらに表示 実験で蚊の絶滅に成功した遺伝子ドライブーその危険性、課題と安全対策

体内で極小ナノロボットが活躍!動画で最新医療ナノテクノロジーの応用例を紹介

極小のナノロボットを体内に入れて病気の治療などを行う「ナノ医療」(ナノテクノロジーの医療への応用)が、近年注目を浴びています。当記事ではナノロボット・ナノマシンなどのさまざまな最新テクノロジーを動画でご紹介します。 アイ…

さらに表示 体内で極小ナノロボットが活躍!動画で最新医療ナノテクノロジーの応用例を紹介

卵からふ化直後に琥珀に閉じ込められた1億3千万年前の昆虫を発見!古生物学最新研究

太古の世界で卵からふ化した直後に琥珀内に閉じ込められてしまった、悲劇の昆虫が発見された。古生物学論文誌「パレオントロジー(Palaeontology)」に2018年12月に掲載されたRicardo Pérez‐de la…

さらに表示 卵からふ化直後に琥珀に閉じ込められた1億3千万年前の昆虫を発見!古生物学最新研究